校長挨拶 | 三井中央高等学校

学校紹介

校長あいさつ The School Principal Greeting

50年の歴史そして新たなステージへ

校長

皆さんこんにちは。三井中央高等学校ホームページへようこそ。
地域の皆様、特に中学生の皆さん、またお子様の成長を見守っておられる保護者の皆様、本稿を閲覧いただきありがとうございます。
三井中央高等学校は、昭和38年の創設以来、50有余年にわたり地域の皆様の温かいご支援と本校教育に対する深いご理解を賜りつつ歩み続けて参りました。
「創意」「清純」「実践」を校訓に、地域や社会に信頼され、人間性豊かな女性を輩出しております。
本校のブランドは、生徒と教師が一体となり感動体験を味わえる学校であるということです。
明るく素直な、三井中央生の持つ可能性は無限にあり、その力を発揮する能力には素晴らしいものがあります。
本年度より、総合学科を設置し、今までのビジネス科とライフデザイン科を進化させるカリキュラムを整えています。
学校行事も、進路実現にも目標達成に至るまでの姿勢や、ひたむきな努力には、感動と称賛に値するものがあると思います。
その本気で頑張る生徒と、一生懸命生徒のために頑張る先生方が本校の財産です。
優しさや思いやり、熱血さでチームワークも抜群で、生徒たちをしっかりサポートしています。
教職員一同、生徒たちの本気で頑張る存在があってこそ、教育への使命感と喜びがあり、生徒から学ぶことのできる感謝の念を強く感じる毎日です。
私達教職員が心がけている宮澤賢治の詩を紹介します。(作者不詳という説もありますが)
『私が先生になったとき 自分が真理から目をそむけて 本当のことが語れるか
私が先生になったとき 自分が未来から目をそむけて 子どもたちに明日のことが語れるか
私が先生になったとき 自分が理想を持たないで 子どもたちにどうして夢が語れるか
私が先生になったとき 自分に誇りを持たないで 子どもたちに胸をはれと言えるか
私が先生になったとき 自分がスクラムの外にいて 子どもたちに仲良くしろと言えるか
私が先生になったとき 自分の闘いから目をそむけて どうして子どもたちに勇気を持てと言えるか』
  中学生や保護者の皆様、ぜひ一度本校へ足を運んでください。

校長  大山 明